建退共福岡県支部(退職金(試算額)を調べてみましょう)

退職金額

建設業で働かなくなったときの退職金額は、おおよそ下の表のとおりとなっております。月数の計算は、証紙21日分を1ヶ月と換算しますので、貼られた証紙の日数を21で割って(端数は小数1位で四捨五入します。)算出します。12月以上24月未満で死亡したときの退職金は、事業主が納めた掛金に相当する額となっております。

退職金額早見表

年数退職金額(単位:円)
2年(24月)156,240
3年(36月)234,360
4年(48月)316,386
5年(60月)408,177
6年(72月)507,780
7年(84月)609,336
8年(96月)715,449
9年(108月)824,817
10年(120月)936,789
15年(180月)1,548,078
20年(240月)2,205,588
25年(300月)2,927,547
30年(360月)3,717,861
35年(420月)4,610,382
37年(444月)4,999,680
40年(480月)5,633,754

【注意】
(1)この早見表は、最初から日額310円ではじめた人の場合で、証紙252日分を一年と換算して計算した退職金の額です。
(2)310円になる前から掛金を掛けている人の退職金は、それぞれの掛金日額に応じて別に計算されます。